面接時に気をつける事とは?

簡潔な受け答えを意識しましょう

書類選考や筆記試験など色々な選考過程がある中で重要なのが面接です。面接官と直接やり取りをして志望動機を伝えたり、強みを伝えたりなど評価されるために精一杯アピールする必要があります。面接を受ける際は簡潔な受け答えをする意識を持つことが大切です。自分の魅力を伝えたい一心で質問に対して長々と話をしたくなることはあるでしょうが、あくまでも簡潔に済ませるべきです。面接は限られた時間の中で行われているので、1つの質問に対する返答で長くなってしまうと、それだけアピールする時間が減ってしまいます。ですから、時間の無駄を防ぐためにも質問に対しては簡潔な受け答えをするのがベストです。ただ、質問の内容によっては時間をかけるべき時もあるので、臨機応変に対応しましょう。

質問される内容を予想して準備する

面接を受ける際に気をつけたいのが質問に対する答えに悩んでしまうことです。悩む時間が長くなると会話が途切れてしまい、順調だった流れを止める可能性があります。また、悩む時間を減らそうと焦りが強くなり、不十分な回答をすれば評価を落とすリスクが高まります。できるだけ短時間で適切な内容の返答を行うには、質問される内容を予想して準備をしておきましょう。面接官によって質問の内容は異なるので、全てに対応するのは難しいです。しかし、志望動機や自己PR、特技などは業種や職種を問わず質問されやすい内容ということで、準備するのは簡単です。質問されそうな内容が思いつかない時は、自分が面接官の立場になって考えるのがコツです。