そのマナーは面接で通用する?面接を受かるためのマナーとは?

丁寧な言葉遣いを心掛けましょう

正社員だけではなく、アルバイトやパートの求人に応募する場合でも面接を受けることになります。内容次第で採用される可能性は高くなるため、できるだけ準備をして挑むようにしましょう。準備の1つとしてやっておくべきなのは適切なマナーの習得です。そうすれば評価されるチャンスは増えますし、面接官や人事担当者に好印象を残せるようになります。たとえば、丁寧な言葉遣いでやり取りをすることは面接で評価されるために必要なマナーです。普段から丁寧な言葉遣いを意識している場合は問題ないでしょうが、慣れていない場合は言葉に詰まる可能性があります。しかし、丁寧な言葉遣いはマナーの基本なので、身に付いていないなら習得に向けて努力することが大切です。

最初と最後の挨拶はきちんと行うべき

面接を受ける時は、最初と最後にきちんと挨拶することをマナーの1つとして理解しておきましょう。面接が行われる部屋への入退室をする場面でしっかりと挨拶をすると、面接官や人事担当者からマナーが身に付いていると判断されます。この時に注意したいのは退出する際の挨拶を疎かにしないことです。入室する時よりも退出する時の方が緊張が和らいでいる分、適当な挨拶になってしまったり、忘れたりしやすいです。それまでは順調に進んでいたとしても、退出時の挨拶のマナーが守られていなければ評価を落とすリスクがあります。ですから、退出するまで評価されるという意識を持ち、最後まで気を抜かずに対応することが評価の維持やアップに繋がります。