受かるかどうかは自分次第!?受かるためのマナーとは?

面接室の入り方のマナー

面接では部屋に入るときから既に、しっかりと面接官は見ています。正しいマナーのある人間であるかどうかチェックされているのです。まず面接室に入る際には、ドアをノックしなければなりません。ノックは2回叩くのが一般的です。ノックもせずにドアを開けてしまっては、マナーがないと思われてしまうので気を付けましょう。部屋に入ったら、明るくハキハキと挨拶します。名前を聞かれることもあるので、元気よく面接官の目を見て答えることが大切です。また部屋に入ると椅子が置かれてありますが、勝手に着席するのもマナー違反です。面接官から座るように指示を得てから、静かに姿勢を正して椅子に浅く腰かけるようにします。当たり前のことですが、面接中は、携帯の音などもマナーモードにしておきましょう。

身なりも大切なマナーのうち!

マナーというと礼儀や言葉遣いをきちんとしなければと思う人も多いでしょう。けれどもどれだけきちんと挨拶ができても、身なりが不衛生だったり派手だったりしてはどうしようもありません。身なりはマナーの基本であることを頭に入れておきたいものです。面接を受けるにあたって、清潔感のある外観を心がけましょう。髪の毛はボサボサの人や前髪が長すぎる場合は、きちんと散髪するようにします。茶髪もマイナスな印象を持たれる可能性が高いです。女性はメイクやネイルも気を付けて。派手過ぎるのはNGです。

スーツのシワや靴の汚れも、チェックしておきましょうね。当日の朝、アイロンをかけるのではバタバタして遅刻することがあります。きちんと全日までに、当日着る物の準備などを完璧にしておけば安心です。