その企業は大丈夫?ブラック企業に応募しないためには?

評判や口コミを参考にしよう

希望する企業に採用が決まることは、とても嬉しいことですが、その反面、働き始めてから思っていたのとは違うと感じることもありますよね。多少のことなら良いですが、実はブラック企業だったと言う様な取り返しの付かないことだけは避けたいものです。当然、求人を出している企業は、ブラック企業だとは言いませんから、仕事に応募する前の段階でしっかりと検討することが欠かせません。ブラック企業かどうかを判断するには、実際にその企業で働いている人の声を聞くことが参考になります。残業やノルマの有無といった働き方の部分はもちろん、上司からのパワハラの有無や離職のし易さといった部分も把握することが望ましいと言えます。仕事に応募する際は、企業の評判や口コミに目を通してから行動することが大切です。

求人情報の掲載期間にも注意しよう

ブラック企業かどうかを見分けるポイントとして、年中、求人情報が出ているかどうかといった点を考慮することも有効です。人気がなくて常に人手不足という場合もありますが、新しく人が入ってくるものの、直ぐに辞めてしまうため、人手不足を起こしているということも少なくありません。特にブラック企業となると、人気もないでしょうし、長く勤めたいと思う人も少なくなります。慢性的な人手不足が起きていれば、働く環境は更に厳しいことも考えられますから注意が必要と言えます。求人情報の掲載期間だけを見て、ブラック企業と判断するのは難しいかもしれませんが、疑う余地にはなる筈です。応募の際に疑問があれば、流されるまま採用されるといった事態は避けられますよね。応募したいと思う企業を見つけたら、どの程度の頻度で求人情報を出しているのか、調べてみると役立ちますよ。